スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドメーヌ ラウール・ピオ 2015年ペルナンヴェルジュレス 1級畑

赤のペルナンヴェルジュレス その1級畑 白のペルナンヴェルジュレスと 1級畑の2015年が2018年1月に到着します。 赤は滑らかで綺麗な味わい 余韻が本当に長く美味しいワインです。
1月より弊社が輸入いたします。

laleure piot0 

スポンサーサイト

サヴィニ・レ・ボーヌ 2008 ドメーヌ アントナン・ギヨン

またアントナンギヨンのワインですが、2008年のワインは当初酸味が強くでていたのですが10年ほど近く経った今大変美味しくまた酸味もまだあるのですが綺麗なピノノアールに変貌と遂げています。
価格も安いのでお買得と言えます。
saviny08r-1hon.jpg 

DOC ヴァル・ディ・コルニア / ランポティーノ バリコッチョ 2010

ランポティーノ: イタリア、トスカーナー州はキャンティやブルネッロ・ディモンタルチーまた最近はボルゲリの産地が
有名です。 ここヴァル・ディ・コルニア地区はキャンティの西、サッシカイアのあるボルゲリの南に位置しています。
ユニークな熟成方法ととっているワインで Terra cotta(テラコッタ)の土から造る樽をバリコッチョと商標を
とりここにワインを12ヶ月以上(通常20ヶ月)樽熟成させます。 さらに大樽で4ヶ月以上の熟成 あと瓶熟成を
最低6ヶ月以上(通常12ヶ月)させて完成されたワインです。

飲んで見ると非常に滑らかな味わいで良いバランス。 
品種はサンジョヴェーゼ 90% チリエジョーロ 10%
ステンレスタンクで発酵 熟成はバリコッチョを使用するユニークなもの
ジビエやチーズにあい 複雑味がありワインです。
ランポティーノとは葡萄園の名称 ルビッカ アル コーレ醸造所のワインです。
スヴェレートとラベルにあるのはヴァル・ディ・コルニア地区の中にある村の名称です。


barricoccio10.jpg

ヴァルソティーヨ2008クリアンサDOリベラ・デル・デュエロ

スペインのワイン リベラ・デル・デュエロのワインを味見しました。

最近この原産地は価格の安いものから高いものまた伝統的な味わいと今風のもの このワインは伝統的な味わいでした。
ティンタデルバイスというテンプラニーヨの品種が100%12ヶ月の樽熟成と残り瓶熟成で2年以上あとに出荷されます。
まだフレッシュ感があり良い感じの熟成感があります。 早いと少しセメダイン風の味がしたりするのですが見事に
それはなく良いバランスのワインです。 ボデガスの名前は イスマエル・アローヨと呼びソティ−ジョ・デ・ラ・リベラの町の東に位置しています。価格も高くなく良いワインでした

valsotillo.jpg

シャトー ド・クドー2012

ボルドー地方オーメドックの小さな生産者 シャトー・ド・クドーを味見しました。
2012年です。 2012年は飲むにちょっと早いかもしれませんが飲んでいくとともに美味しくなってきました。
2016年1月に到着したばかりのワインですがあと2年ぐらい待てばもっと複雑味が増して美味しくなるでしょう。
オーメドックの特徴が出ておりその滑らかなタンニン 赤い果実に天草のアロマを感じます。 ただし熟成して出てくるメントールや土ぽい味わいはまだ出ていません。 ここは小規模生産者のみに格付けされるクリューアーティザンの格付けを授与されています。 シャトーの場所はシャトーボーモンとシャトーラモットベルジュロンの間でシャトーベイシュヴェルの南2キロの当たりです。 2000円ちょっとで買えるのは魅力かも

ch de coudot2012

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。