FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Petit シャルドネ2016Ken Forester

ケンフォレスター社の南アフリカシャルドネを試飲してみてびっくりしました。透明感あるきれいな香りと味わい。夏にぴったりでした。輸入サンプルで、実際の入荷は2017年冬です。

petitchardonnay2016
スポンサーサイト

Chapelle de Potansac 2012 / シャペル・ド・ポタンサック メドック

シャトー ポタンサックのセカンドワインです。
オーナーはレオヴィルラスカースと同じDoulon 家が所有しています。
ワインの造りも同じスタッフが行っているので名門ワインの味わいがこのセカンドワインでも
感じ取られるのは 醸造技術それとも樽?
2012年はチャーミングな味わいでタンニンは滑らか
ワインは少し飲み頃というより少し早い感じがします。
抜栓後しばらく経ってからか翌日でも美味しく飲めました。

2000円強で購入できるので飲んで見てください。

P7127362.jpg
 

Piemonte Chardonnay 2015 Povero

ピエモンテ州のシャルドネを試飲しました。
ピエモンテの北はスイスになるのでイタリアでも北部です。 
このシャルドネは結構酸味も効いてフランスの南部の酸味の少ない
香りもトロピカル風なものとは一線を画しています。
結構いけるじゃない というのが本音で、そのスッキリしたドライ感はイタリア料理でなくても
フランスや和食にもぴったり 
それでいて1000円ちょっとで購入できるのでこのワインは要チェックください。

can_pov_pie_cha15_1.jpg

Ermia del Conde Sulpicia 2012

日本初登場 エルミタ・デル・コンデを試飲しました。
スペイン カスティーヤ・イ・レオンの地方ワインでリベラ・デル・デュエロのすぐ北にワイナリーは位置します。
畑は20ヘクタール。 熟成はフレンチオークとアメリカンオークで 60:40の比率。
飲んで見ると 果実味で膨らみがあります。 結構ボディーはヘビータイプ 濃い紫色で艶があり滑らかなタンニン。
ヘビーボディタイプで1000円ちょっとで買えるのでお薦めします。

sulpicia.png

Chambolle Musigny Clos du Village 2006 Antonin Guyon

ワインの試飲はほぼ毎日なのですが なかなかアップ出来ませんでした。 これからはしっかりアップします。

このシャンボール・ミュジニー 2006年 在庫は2008年 2009年もあるのですが 2006年は?
2005年が当たり年とうことですが なになに開けてみてびっくり ワインは古い感じはなく
適度な熟成感で若すぎることなくまだ適度な若さも残っています。
香りもピノの綺麗な香りで久しぶりのヒットです。
このワインだったら皆さんにお薦めしよう。 味わいは濃すぎることなくエレガントスタイル。 
普通ジュヴレシャンべタンは口当たり柔らかいワインが多いですが、シャンボールは飲み口は少しかっちりタイプ。 まさにそうです。 このクロデュヴィラージュはシャンボール・ミュジニー村の中の小さな区画でアントナン・ギヨンのモノポールです。 
味わいは少し飲んでも美味しく味わえる高級ワインの要素を全て持っているお買得ワインかと思います。
香りはチェリーからフランボーアズの中間系 味わいは大樽で発酵していますが樽のアクセントは強くなく
フルーツと少し土っぽい味わいが混ざるさわやかなミネラル感を感じさせるワインです。また綺麗な酸味を感じます。 もう1本続けて開けたいワインです。

antonin cmusigny06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。