FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャトー オステンピカン 2008

ボルドーのサンフォアボルドー地区のワイン。
サンフォア(サントフォアとも言う)は村名では呼ばない広い地域呼称のワイン
ですが、場所はサンテミリオンからベルジュラック方向に車でやく20分ほど
オーナーはかつて医療機器で成功して自分の会社を売却。 そしてワインビジネスに
1980年代に参入。
当時畑は荒れていたので購入金額の倍以上に醸造設備、畑投資したという。
彼の名前はイヴ・ピカンと呼び、息子さんはなんとハーバード大学を卒業。
これって 後嗣いでもらえない感じ大。それはさておいて
ワインは2004年以降と以前とは違っています。 それまでのコンサルタント ミシェル・
ローラン氏からステファン・ドゥルノンクール氏を新たに起用して変貌した。
その理由とは、ドゥルノンクール氏は醸造だけでなく畑のほうもコンサルタンを怠らず
彼自身、畑で作業並びに指導をしてくれるそうです。
味わいはボディがあるのに大変繊細なタンニン ドルノンクール氏をタンニンの魔術師と
言っても過言でない。 このワインに飲みづらさは全く感じない。
でも正直ワインは少し若かった。 もうあと1年ぐらい待てばもっと美味しくなるのは
間違いないだろう。

Ch Hostens rouge 05
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。