スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TENUTA SANTA MARIA テヌータ サンタ・マリア

アマローネはこのワイナリーから始まりました。

イタリア北部ヴェローナから15km東に行けばヴァルポリチェッラの産地があります。 ここはアマローネで有名な産地でもあります。  1735年創業のベルターニ家は21ヘクタールの葡萄園を所有してい
ます。 古くは9世紀にここの葡萄園の売買の取引が記録に残っています。
畑での作業 冬の剪定、春芽の選択、ブドウの房の間伐、収穫は手作業で行われます。
畑は石灰沖積土壌に粘土質が混ざります。
オーナーはガエタノ・ベルターニ氏で長らく兄弟でベルターニの商品を販売してきましたが実弟が今後
ワインビジネスから手を引くことで、2012年夏にベルターニのブランドを売却することにいたしました。
今後は自らの葡萄園と醸造設備を残しテヌータサンタ・マリアで自家葡萄園を引き継いでいきます。
この醸造所は1936年に偶然にもアマローネが誕生した歴史あるワイナリーです。 地下のセラーには
その最初のアマローネの樽が未だに現存しています。 アマローネ第一号はここかで生産されました。
熟成樽の中は焦がないで木はスチームで曲げられるだけにとどまります。
リパッソは1本のアマローネの澱から10本までのリパッソが造られたりしますが ここでは1本のアマロ
ーネから2本のリパッソしか造らない非常にアマローネの味わいの残るリパッソです。
醸造所2階の乾燥室では 1床に100キロの葡萄が並べられ空調は無く換気のみで乾燥されます。
48ヶ月の熟成は 30hl 8hl 5hl の樽に分けて熟成され瓶詰めされます。

エレガントで複雑な味わい リパッソ法で造られたワインは柔らかく強い色合い
アマローネを彷彿とさせる色合いです
 チェリー ブルーベリー 甘草やスパイスの香り シナモン
唐辛子のアクセント ベルベットのタンニンでバランスがとれフルーティな感覚と心地よい酸味で後味が残ります

品種 コルヴィーナ75% ロンディネッラ10% コルヴィノーネ15%


valpolicella ripasso


リパッソとは
一般的に市場に出回っている若飲みタイプの軽いヴァルポリ
チェッラとは異なり、その味わいは、たくましくて複雑味も備えて
いて、パスタや牛肉、仔牛肉、チーズに良く合います。

陰干し葡萄からつくるアマローネは有名ですが、その発酵
の終わったアマローネの澱と絞り粕を通常のヴァルポリチェラ
に混ぜ、3週間あまりもう一度少しだけ発酵させるという醸造
方法が「リパッソ」です。
アマローネの力強さとアロマを普通のワインに与え、通常の
作り方では到達出来ないレベルに高めるというわけです
(アルコール分も0.5%あがります)。
現在はラベルにも表示されるようになりました。
発酵は天然酵母を使用しています。発酵後、12ヶ月間以上
オーク樽で熟成させます。
手間がかかる割に手頃で、この価格で買える最もコストパー
フォーマンスの高いワインといえます。 やや濃い紫がかった
この価格のヴァルポリッチェッラとしては信じがたいすばらしい品質です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。