スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プイイフュッセ ジュリアンコロヴレイ 2010 

しばらく コメントをアップするのを忘れていました。

プイィフュッセは色々なタイプがあります。 樽の味わい強いものや そうでないもの。
樽の味わい強いならコートドボーヌのムルソーなどを飲めばいいと思います。
あえてプイイフュッセなら やはり綺麗な味わいと酸味のバランス サンヴェランやマコンよりボディのある
味わいを求めたいものです。

このワインは2日続けて2本飲みました。 良い感じの熟成感が少し出ていてまさに飲み頃。
すばらしいワインの1つと言えましょう。 2011年もすでに今年到着していますが 2010を今飲むべきです。
僅かにワインにねっとり感があります。 魚なら サワラ(鰆)もちろんスズキ(鱸)などがベストマッチ

写真はマコン
macon collovray

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。